代表挨拶
MESSAGE

広告企画制作業務と
通販、イベント業務を
高い次元で融合する。

皆様には、日頃より格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。
当社は、前身である株式会社西部製版時代を含め、40年以上の長きにわたり、毎日新聞グループの広告会社として、主にグラフィック広告の企画制作業務を担ってきました。やがて徐々にノウハウを身につけ業務内容を拡大。現在では、「毎日通販」、「九州文化塾」、「毎日・世論フォーラム」などの運営を手がけるとともに、そこから派生した各種印刷物や映像等の制作を手がけています。さらにデジタル社会に欠かせないウェブサイトの構築と運営も業務に加わっております。
このように広告企画制作部門と通販部門、イベント運営部門がひとつの会社を形成しているところが当社ならではの強みです。今後も、3つの機能を有機的に結びつけることにより新しいコミュニケーションを創造し、顧客ニーズにお応えするよう、全社員一丸となって努力してまいります。
さて、この度、当社では心機一転の意味を込めてロゴマークを刷新しました。AI時代の到来が叫ばれていますが、コミュニケーションにおいて大切なのは、「人間の心」に他なりません。そこで当社では「こころ打つコミュニケーションを」という企業スローガンを設定。それに基づき「打つ」「コミュニケーション」を連想させる「キーボード」をモチーフとした新ロゴマークを開発しました。
引続きご高配を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

毎日アドセンター株式会社
代表取締役 社長

新企業スローガン

「こころ打つコミュニケーションを」

新ロゴマーク

新ロゴタイプ(日本語)

新ロゴタイプ(英語)